うつ病の治療を始めてから完治までどのくらい期間がかかるのか解説します

スマホ代を月5,000円~節約してこれまで我慢していたものを我慢せずに買っちゃおう!
スポンサーリンク

今から15年以上前のことですが、当時私は気分の落ち込みや眠れない等の症状が続き、うつ病と診断されました。

最初はカウンセリングや薬などの治療をし一時的によくなったのですが、約1年後にもっとひどい状態になってしまったんですよね。

 

 

それからは、休職して一時的に実家に戻り、治療に専念したのですが、何もせず薬を飲んで寝るだけの生活をする中で、これからの人生への不安や焦りを感じることがよくありました。

ですが、安静にして穏やかに過ごせる環境の下で治療を続けた結果、休職期間は6ヶ月ほど、治療期間は約1年で完治となりました。

 

 

そんなわけですが、うつ病の治療をしているけどなかなかよくならず気持ちが焦ったり、完治するにはどのくらいの期間がかかるのか不安、という方もたくさんいらっしゃると思います。

 

 

そこで今回は、うつ病の治療を始めてから、完治するにはどのくらいの期間がかかるのかを解説いたします。

治ったように見えてもまた再発する可能性がある

先ほどの通り、私はうつ病の治療中、一度よくなりましたが再燃したような感じで悪化し、結局は完治まで2年くらいの期間がかかりました。

 

 

このように治療の過程で、うつ病の症状が一時的になくなるか軽くなり、調子がいい状態が続いているけど、もしかしたら再発するかもしれない状態を「寛解」と呼んでいます。

 

 

症状がない期間がある程度続くと、治ったのかな?と思い治療をやめてしまうこともあるかもしれませんね

 

 

スポンサーリンク

   

完治するまでの治療期間はどのくらいかかるの?完治と寛解の違いについて

私の場合も一時的によくなった時は寛解の状態だったわけですが、次に症状が再燃するまでには、だいたい1年くらいの期間がありました。

その後再度治療を開始し、結局約2年くらいかかり回復・完治したのですが、寛解と完治の違いはどういったところにあるのでしょうか?

 

 

簡単にいうと、寛解は再発の可能性がある状態、完治は寛解の状態が長く続き再発の可能性がない、ということになるのですが、実はその違いはあいまいで、なかなか診断は難しいのかもしれません。

 

 

なぜなら、もちろん医師が判断する医学的な基準はありますが、完治の状態は、うつ病の様々な症状に対し、全く気にならない、意識しなくなるという患者さんの気持ちの部分が大きい、ということがあるからです。

 

 

私は現在、最後の受診から10年以上経っていて、うつ病の症状について、普段気にしたり考えたりすることはほぼありませんので、完治したと言えるのですが、この状態になるまでの期間は、うつ病の種類や患者さんごとに異なる環境の違いや症状の重さにより、かなりの差が出てくると思います

私のように1~2年で完治する場合もあれば、10年以上治療を続けている方もいらっしゃいます。

 

 

一般的には治療を始めてだいたい3ヶ月くらいで寛解の状態になるといわれていますが、その後も治療は必要ですし、個人差もあります。

治療にはある程度時間が必要ですので、長引くと不安になることもあると思いますが、完治のためには医師と相談しながら、あせらず前向きに根気よく治療を続けることが大事だと思います。

 

 

治るきっかけになるのは小さな事から

しっかり医師の指示に従い、投薬等の治療を続けていると、「あ、何かよくなってきたかも?」と思える瞬間が必ずやってきます。

 

 

最初は気のせいかな?くらいの微妙な気分程度のものかもしれませんが、そのちょっとした意欲の向上が、回復への兆しなのだと思います。

私は、1ヶ月くらい薬を飲み続けた頃、そんな感覚があってから、食べたいものができたり、マンガを読めるようになったり、好きな写真集を開いてみたり・・というように、少しずつしたい事・できた事が増えていきました。

 

 

ほんのちょっとの気持ちの変化が意欲につながり、それから人に相談できたり、少し体を動かせたり、と小さなできた事を少しずつ積み重ねていくと、だんだん完治への希望が見えてくるようになってきます

 

 

早く治す方法はあせらずゆったり構え、安心できる環境を作ること

うつ病の治療をしていると、早く治す方法はないのかと思うことはよくありますよね。

ですが、早く治す魔法のような方法はありません!

 

 

うつ病の治療で大事なのは、じっくり気長に治療に専念する事と、休養する事です

また、そのための自分を取り巻く環境もとても大事だと思っています

 

 

よく、うつ病のときには重大な決断はしない方がいいと言われますが、人によっては大きく環境を変えることで、回復に向かうこともあるようです。

自分を受け入れてもらえ、ゆっくり休養できる環境を作れるのなら、生活を大きく変える事、例えば、結婚したり、引越ししたり、転職したり・・等もいい結果につながる場合もあるかもしれないと思うのです。

 

 

今振り返ってみると、私はとても恵まれた環境で治療ができたのだと思います。

会社や家族が病状を理解してくれたこと、仕事を休職し実家に戻り、安心してしっかりゆっくり休養できたことなど、こういった環境だったから、2年程度の期間で完治できたのかもしれません。

 

 

もちろん、環境をむやみに変えない方がいい事もありますし、病状によってはもっと長い期間がかかる場合もあるかもしれませんが、うつ病は治る病気と言われています。

現在治療中の方も、完治にはある程度時間が必要だとゆったり構え、あせらず気長に治療と休養を続け、少しずつ自分のペースで完治を目指していただけたらいいなと思います。

スマホ代を月5,000円~節約してこれまで我慢していたものを我慢せずに買っちゃおう!
スポンサーリンク