在宅ワークの主な種類とそれぞれの収入はどれくらい?

スマホ代を月5,000円~節約してこれまで我慢していたものを我慢せずに買っちゃおう!
スポンサーリンク

こんにちは、タツヤ(@xxodatatsuyaxx)です。

今回も、「知る」を提供し「人生が変わった」を提供していきます。

 

 

「在宅ワークの種類ってどんなものがあるんだろう?」

「それぞれの収入もどれくらいか気になる・・・」

そんな悩みをお抱えではないでしょうか?

 

 

在宅ワークって、意外にたくさんの種類があります。

 

 

以前は、在宅ワーク=内職というイメージが強く、ぜんぜん稼げないイメージも強かったのですが、最近はそうでもないようです。

 

 

そこで今回は、在宅ワークの主な種類とそれぞれの収入はどれくらいかご紹介します。

 

 

在宅ワークの主な種類とそれぞれの収入

69abb98b8d1e685b9996b7171d0b9139_s

 

 

在宅ワークには本当にたくさんの種類があります。

簡単なものから難しいものまで。

 

 

ちなみに、在宅ワークの種類の全貌をまず知っちゃいたいという方には、在宅の仕事を探そうがおすすめです。

毎日のように更新されていて、在宅ワーカーには必須ですね。

 

 

以下は、ぼくがおススメする在宅ワークの主な種類とそれぞれの収入です。

 

 

ライティング

ea6be56d996413a58aa1ccbac4808b36_s

 

 

在宅ワークの花形といえば、ライティングではないでしょうか?

その名の通り、記事を書くお仕事です。

 

 

記事を書くと言いましたが、今あなたが見ているこの記事のようなものを書くわけですね。

 

 

記事を書く目的は一つです。

記事を書き、見込みとなる顧客の方々に記事をみていただき、商品の購買をうながすことです。

 

 

ブログでは意見を表現することが多いのに対し、ライティングのお仕事では意見をもとめられていない場合が多く、あくまで商品の購買を促す目的で書くことが多いです。

 

 

気になる収入ですけれども、1時間あたり低額で数百円、通常で1,000円くらい、高額になってくると数千円となってきます。

 

 

もちろん、人によって記事を書く速度が違いますので、1時間あたりの収入が高くなることもあれば、逆に低くなることもありますね。

 

 

注意しなければいけないのが、はじめは1時間あたり数百円を覚悟しなければならず、そこから1,000円数千円と上げていかなければいけないということです

実績を積んでいくわけですね。

 

 

その他、メディアに寄稿するというやり方もあります。

 

 

メディアというと聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれませんが、例えばLIGというメディアがあり、ライターを募集していたことがありましたね。

その他、たくさんのメディアがありますので、実績を十分積んだら、こういったメディアに挑戦するのも良いかと思います。

 

 

大事なこととしては、しっかりとしたメディアでライティングをすると、単価が高くなる傾向が大いにあるということです。

逆に、クラウドソーシングでは、会社ではなく個人が発注していることもあり、単価が安い傾向があります

あくまで傾向ですが、そういうこともあるということですね。

 

 

文字起こし

84a1372ef94dc0c616d3a2ed8cd19f75_s

 

 

在宅ワークとしてはマイナーなのが、文字起こしです。

 

 

文字起こしということですが、録音したものを書き起こすと言いますか、まさに文字に起こすことです。

 

 

会社のミーティングなど録音したものを、文字に書き起こすわけですね。

 

 

気になる収入ですけれども、ライティングのように数百円ということはあまりなく、1,000円〜が多いです。

また、会社次第ではありますが、クラウドソーシングは比較的単価が安く、文字起こし専門の会社の方が単価は高い傾向がありますね

 

 

ライティングのように収入を上げていくというよりは、通常のアルバイトのように一定、もしくは段階的に上がっていくということが多いようです

このあたりはライティングとは違いますね。

 

 

スポンサーリンク

   

スキルが必須な在宅ワークの種類とそれぞれの収入

8cced6d37bf213628ee19281ad0cde7b_s

 

 

在宅ワークは、スキルが必須のものとそうでないものとあります。

先程のライティングや文字起こしは、その中間ですね。

 

 

以下では、スキルが必須な在宅ワークとそれぞれの収入をご紹介します。

 

 

翻訳

a241963fb6f0cf7fef6f489987203182_s

 

 

翻訳も、在宅ワークの花形と言ってもいいのではないでしょうか?

TOEICでいう900がスタートと言われるくらい簡単ではないですが、よくあるといえばよくある在宅ワークの一つです

 

 

翻訳ということですが、外国語を日本語に翻訳したり、逆に日本語を外国語にしたりですよね。

翻訳するものは、法人から個人、そしてお仕事からエンタメと本当に様々です。

 

 

一般的に、お仕事に差し支えがあるがために翻訳してほしいというニーズがあり、それを解決するために翻訳をするわけです。

個人的なニーズもあったりするので、それを翻訳してほしいということもありますね。

 

 

気になる収入ですが、1時間あたり通常1,000円~1,500円くらい、専門的な翻訳になれば数千円くらいですね。

 

 

もちろん、ライティング同様、人によって翻訳する速度が違いますので、1時間あたりの収入が高くなることもあれば、逆に低くなることもありますね。

 

 

ライティング同様大事なこととしては、翻訳会社で翻訳するのであればさておき、クラウドソーシングであれば単価が低い傾向があるということです

あくまで傾向ですが、そういうこともあるということですね。

 

 

WEB制作

828d070c1e9b0e8c43a7f928c1098ea8_s

 

 

どちらかと言えばよくある在宅ワークが、WEB制作ではないでしょうか?

 

 

WEB制作は、サイトを作ったりプラグラムを作ったりするお仕事です。

 

 

サイトを作るために、デザインをしたり比較的簡単なプログラムのコードを書いたりすることもあれば、プログラムを作るために難しいコードを書くこともあります。

 

 

気になる収入ですが、1案件最低数千円~専門的なものになれば数十万円くらいですね。

 

 

こちらも、ライティングや翻訳同様、人によってプログラムを書く速度が違いますので、1時間あたりの収入が高くなることもあれば、逆に低くなることもありますね。

 

 

また、ライティングや翻訳同様大事なこととしては、WEB制作会社であればさておき、クラウドソーシングであれば単価が低い傾向があるということです

あくまで傾向ですが、そういうこともあるということですね。

 

 

まとめ

e3239975fe55527e6f51d096282e26bb_s

 

 

今回は、在宅ワークの主な種類とそれぞれの収入はどれくらい?ということでしたが、ポイントは3つ。

 

 

在宅ワークの種類はたくさんあるが、スキルが必須のものとそうでないものがある

スキルが必須でない在宅ワークの主なものとしては、ライティング・文字起こしがあり、スキルが必須な在宅ワークの主なものとしては、翻訳やWEB制作がある

それぞれの収入は、低額で数百円~高額になってくると数十万円

 

 

在宅ワークの種類はたくさんありまして、今回ご紹介していないものもたくさんありますが、大きく分けてスキルが必須のものとそうでないものがあるんですね。

 

 

必須でないものとしては、ライティングや文字起こし。

必須のものとしては、翻訳やWEB制作があります。

 

 

それぞれの収入ですが、ライティングの低額のものになってくると数百円~数千円。

WEB制作の高額のものになってくると数十万円にもなってりしますね。

参考になれば幸いです。

 

 


こちらの記事も併せてどうぞ。

↓↓↓

社会不安障害のあなたでもできるかもしれない人間関係が少ないお仕事6選

 

社会不安障害なあなたでもできる!人間関係が少ないアルバイト8選

 

スマホ代を月5,000円~節約してこれまで我慢していたものを我慢せずに買っちゃおう!
スポンサーリンク