ホリエモンがロケット開発している理由は何なのか考えてみた

こんにちは、タツヤ(@xxodatatsuyaxx)です。

今回も、「知る」を提供し「人生が変わった」を提供していきます。

 

 

ロケット、ぼくもそうですしほとんど多くの方にとっては身近じゃないことでしょう。

そこにきて、ホリエモンがロケット開発をしているわけですから驚きです。

 

 

ホリエモン=お金を稼ぐことにしか興味がない人と思っていらっしゃる方は少なくないでしょうが、特にそんな方にとっては、ホリエモンがロケット開発している理由が理解できないことでしょう。

 

 

そこで今回は、ホリエモンがロケット開発している理由は何なのか考えてみたということでご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

ホリエモンは、一体なぜロケット開発しているのか?

 

 

先ほどの通り、ホリエモン=お金を稼ぐことにしか興味がない人と思っていらっしゃる方が少なくないということですが、ホリエモンがロケット開発している理由は何なんでしょう。

 

 

以下では、ロケット開発している理由として可能性が高い順にご紹介しています。

 

 

フロンティアスピリッツ

 

 

ちなみに、ホリエモンが宇宙についてプレゼンしている動画は以下です。

 

 


 


 

 

2つ目の動画でも言及されていたのが、フロンティアスピリッツです。

つまり、開拓者精神のことですね。

 

 

開拓者精神で言及していたのが、グーグルのラリー・ペイジやアマゾンのジェフ・べゾスやテスラモーターズやSpaceXのイーロンマスク。

 

 

彼らに共通しているのが開拓者精神であり、新しい物をいかに世の中に普及させて、社会をいかに良くしていくかに注力しているとのことでした。

 

 

逆に、日本のIT起業家が、スマホゲームばかりに注力している現状を少し批判していましたね。

 

 

そんなわけですが、ホリエモンがロケット開発している一番可能性の高い理由が、フロンティアスピリッツしかり開拓者精神ではないかと思います

 

 

フロンティアスピリッツのもう一つの例が、ビジネスという側面からもあるように思います。

後程詳しくご紹介しますが、お金を稼ぎたいとかそういうのより、フロンティアスピリッツではないですがビジネスの側面から新しいことをしたいのかなと思いました。

 

 

宇宙ビジネスは、ロシアやアメリカや中国や北朝鮮などしか参入していないまだまだ市場原理の働いていないビジネスだそう。

市場原理というのは、競争が働き価格が安くなって行ったりするということですね。

 

 

そんなわけですが、仮に宇宙に行けるコストを下げ、市場原理が働き誰でも宇宙に行けるようになると、それは新しいことでありすごいことです。

 

 

すごいことをやってやりたい!

お金とかそういうのより、フロンティアスピリッツがただただ強いのだなと思うんですよね

 

 

宇宙は当たり前にいける場所になるし、そうしたい

 

 

宇宙は当たり前にいける場所になる、これはなつのロケット団という2005年に宇宙機エンジニア、科学ジャーナリスト、作家らによって結成された組織の文言です。

 

 

このなつのロケット団ですが、以下のような変遷を経ています。

 

 

・2005年に宇宙機エンジニア、科学ジャーナリスト、作家らによってなつのロケット団が結成される

・ホリエモンを筆頭とする*1SNS株式会社が参加

・2013年に*2宇宙開発専門の会社インターステラテクノロジズ株式会社がSNS株式会社のロケット開発事業を引き継ぐ

参考:宇宙へのチャレンジを共に歩む!なつのロケット団ファンクラブ会員募集!

 

 

*1 SNS株式会社は、ホリエモンが出資者で代表取締役社長は高崎博之さんの会社です。そういえば、一社にしか集中できないという理由で、社長はやりたくないという趣旨を言及していました。

 

 

*2 インターステラテクノロジズ株式会社は、ホリエモンが出資者で代表取締役社長は稲川貴大さんの会社ですね。

 

 

そんなわけですが、宇宙は当たり前にいける場所になるし、そうしたいというのが、ホリエモンがロケット開発している一つの可能性であり、フロンティアスピリッツに関係してくるのだと思いますね。

 

 

夢を持てない人の背中をポンと押したい

 

 

夢を持てない人の背中をポンと押したいということですが、こちらも先程の2つ目の動画で言及されていました。

 

 

ホリエモンはメルマガをやっていますが、そちらではたくさんの夢を持てない人からの質問がくるみたいなんですね。

まあ、ぼくも夢を持てていない側の人間だったので、よくわかります。

 

 

そんなわけですが、ロケット開発ってそれはそれは難しいわけです

ラリー・ペイジやジェフ・べゾスやイーロン・マスクといった世界のトップのトップでさえ苦労するわけですから、それはもう難しいわけですね。

 

 

当然、日本のトップの一人であるホリエモンとて例外ではなく、失敗続きだったとのことですが、要は背中で語っているわけですね

俺は、周りが馬鹿にするようなことに挑戦しているけど、君も挑戦してみないか?という具合です

 

 

ちなみに、ホリエモンは夢を持てない人についてよく言及しています。

 

 

仮に、堀北真希さんと付き合うとしたら、付き合いたいでしょ?そう思うのであれば、夢はあるってことなんだよという趣旨です。

 

 

つまり、みんな夢がないって言うけど、ないんじゃなくて夢が叶わないと思っているからないことにしているだけってことですね。

だからこそ、そんな夢が叶わないと思っているからないことにしているだけの人の背中をポンと押したいのもあるのだと思いますし実際そう言っていましたね。

 

 

スポンサーリンク
   

ホリエモンは、お金を稼ぎたいからロケット開発をしているわけではないと考える理由

 

 

ホリエモンが、お金を稼ぎたいからロケット開発をしているわけではないと考える理由ですが、結構簡単です。

それは、働かなくてもぜんぜん生きていけるのに敢えて働いているからです

また、働くのは楽しいという趣旨をところどころで言及しているのもあります

 

 

考えてみればわかりますが、ホリエモンであれば働かなくてもぜんぜん生きていけます。

けど、働いています。

 

 

これって、ぼくであれば考えられないことなのですが、働かなくてもぜんぜん生きていけるのであれば、普通働きません。

 

 

また、実際に働くのは楽しいという趣旨をところどころで言及しています。

普通の感覚では、嘘でしょ?と思ってしまいますし、ぼくも思っていたのですが、どうやらガチなようです。

 

 

というのも、数年間ホリエモンをウォッチし続けているとわかりますが、ホリエモンがお金を稼ぐ理由の一つとして、新しいことをするためというのがあるみたいです。

ロケット開発も典型的なお金を稼ぐ理由の一つですね。

 

 

先程のインターステラテクノロジズ株式会社ですが、ホリエモンは約1億円を出資しているようですが、ほんとの意味でお金を稼ぎたいのであれば、普通別のところに出資するはず。

ぼくもそうですし、あなたもそうでは?

 

 

株とか不動産とか普通別のところに出資してもおかしくないですが、たしか興味がないと言及していたように思います。

 

 

まとめ

 

 

今回は、ホリエモンがロケット開発している理由は何なのか考えてみたということですが、ポイントは4つ。

 

 

・ホリエモンがロケット開発している理由の一つは、フロンティアスピリッツだと考える。

・ホリエモンがロケット開発している理由の一つは、宇宙は当たり前にいける場所になるし、そうしたいからだと考える。

・ホリエモンがロケット開発している理由の一つは、夢を持てない人の背中をポンと押したいからだと考える。

・ホリエモンがお金を稼ぎたいからロケット開発をしているわけではないと考える理由は、働かなくてもぜんぜん生きていけるのに敢えて働いているから。また、働くのは楽しいという趣旨をところどころで言及しているから。

 

 

ホリエモンがロケット開発している理由の一つは、フロンティアスピリッツ。

開拓者精神ではないですが、新しいことをしたいからなんでしょうね。

 

 

ホリエモンがロケット開発している理由の一つは、宇宙は当たり前にいける場所になるし、そうしたいから。

ホリエモンだけでなく、ラリー・ペイジやジェフ・べゾスやイーロン・マスクといった世界の知脳がいらっしゃるので、たしかに宇宙は当たり前にいける場所になってそうです。

 

 

ホリエモンがロケット開発している理由の一つは、夢を持てない人の背中をポンと押したいから。

なんだか相当数の若者から相談がきているみたいで、夢を持てないんだとか。

 

 

最後に、ホリエモンがお金を稼ぎたいからロケット開発をしているわけではないと考える理由ですが、働かなくてもぜんぜん生きていけるのに敢えて働いているからと働くのは楽しいという趣旨をところどころで言及しているからですね。

働くのは楽しい!?って最初は思いましたが、ほんとに楽しそうにやっていますよねー。

参考になれば幸いです。

 

 


こちらの記事も併せてどうぞ。

↓↓↓

ホリエモンを数年間ウォッチし続けているぼくが厳選する名言

スポンサーリンク