ネスカフェバリスタをオフィスで使うメリットは?

最近では、ネスカフェバリスタをオフィスで楽しんでいるテレビコマーシャルをよく見聞きするものです。

 

 

働いている方であれば、「うらやましいな~」と思うこともあるのではないでしょうか?

 

 

実際に、オフィスでネスカフェバリスタを使うとさまざまなメリットがあります。

 

 

ここでは、オフィスでネスカフェバリスタを使うメリットについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

職場環境の改善

オフィスでネスカフェバリスタを使うメリットとして、まず挙げられるのが職場環境の改善です。

 

 

テレビコマーシャルでもネスカフェバリスタのあるオフィスだからこそ、相手を気遣うことができる・・・といった感じの演出がおこなわれています。

 

 

テレビコマーシャルだと少し大げさな部分もあるかもしれませんが、実際にあり得る話だと思います。

 

 

オフィスで働いているときに飲み物というのは、必要になります。

 

 

飲み物ひとつで気分転換ができることもあるでしょうし、それをきっかけに会話が弾むこともあるでしょう。

 

 

何よりも手軽に飲み物を用意することができるので、ちょっとした差し入れ感覚になれるのです。

 

 

こういった気遣いができると職場環境というのも、自然とよくなっていくでしょう。

 

 

もちろん、おいしいコーヒーがオフィスで飲めるからこそ仕事へのモチベーションがアップするという部分もあるでしょう。

 

 

どちらにせよ、オフィスでの笑顔が多くなりそうです。

 

 

スポンサーリンク
   

いろいろな面で節約になる

ネスカフェバリスタをオフィスで利用すると、いろいろな面で節約になります。

 

 

例えば、オフィスにコーヒーメーカーのようなものを備え付けようと思ったら、通常は購入しなければいけません。

 

 

オフィスの規模が大きければ大きいほど、コーヒーメーカーの数も必要になってきます。

 

 

購入するとなると、かなりのお金が飛んでいくことになります。

 

 

かといって、自動販売機を設置するとなると場所も必要になりますし、かなりの費用も必要になってきます。

 

 

それに自動販売機の飲み物というのは、やはり割高です。

 

 

味気ないという部分もあるでしょう。

 

 

しかしながら、ネスカフェバリスタであればマシンを無料でレンタルすることができるのです。

 

 

それも最新のバリスタi〔アイ〕、アイスコーヒーサーバー、ネスカフェドルチェグスト、ネスレスぺシャル.T、ネスプレッソ業務用マシンZENIUS(ジニアス)という5種類が無料でレンタルできるのです。

 

 

もちろん、使うコーヒーは購入しなければいけないのですが、それも最安値で購入することができます。

 

 

万が一マシンが壊れてしまったときには修理をしてもらうこともできますし、その修理も無料です。

 

 

違約金や解約金といったものもありません。

 

 

つまり、ネスカフェバリスタをオフィスで使うことによって、大幅に経費を節約することができるのです。

 

 

手軽においしいコーヒーが飲めるようになり、経費も節約できるのですからこれ以上のことはありません。

 

 

買い忘れがない

ネスカフェバリスタをオフィスで使う場合、買いに行く手間を省くことができますし、買い忘れといったものもなくなります。

 

 

必要な飲み物を買いに走る必要もありませんし、そのために使う時間を別のところに生かすことができます。

 

 

手間や買い忘れを防ぐことによって、より効率的に時間を使うことができるようになるのです。

 

 

特に、オフィスでは時間というものを常に意識しなければいけません。

 

 

余裕のないときであれば、飲み物を買いに行く時間すら惜しいですし、そこで買い忘れでもあろうものならイラついてしまうかもしれません。

 

 

そういう意味では、精神衛生上でもネスカフェバリスタは役立ってくれると言えるのではないでしょうか?

 

 

デメリットは?

ネスカフェバリスタをオフィスで使うメリットというのは、かなりいろいろあります。

 

 

では、デメリットはないのでしょうか?

 

 

デメリットはほぼないと考えていいでしょう。

 

 

強いて言うならば、これだけの好条件でネスカフェバリスタを利用できるのはオフィスだけという部分です。

 

 

ネスカフェバリスタを使うことによって損をするといった感じのデメリットはないと思っていいでしょう。

 

 

もちろん、実際に使って体感してみるのが一番かと思います。

 

 

>>>ネスカフェバリスタの公式ページはこちら<<<

スポンサーリンク


スポンサーリンク