ネスカフェバリスタの気になるランニングコストは?

今の時代、誰だってコストというものを重視するものです。

 

 

ネスカフェバリスタはお得にインスタントコーヒーをおいしく楽しめるということで話題になっているのですが、そのランニングコストを気にしている方は多いでしょう。

 

 

「お得!お得!」と言いつつも、実際に蓋を開けてみるとそこまでお得ではない・・・というのは、世の常でもあります。

 

 

ここでは、多くの方が気になっているであろうネスカフェバリスタのランニングコストについてお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

ランニングコストの肝!1杯あたりの金額は?

ネスカフェバリスタのランニングコストを考えるのであれば、やはりネスカフェバリスタを使ったとして1杯あたりどれくらいの金額になるのかを知っておかなければいけません。

 

 

1杯あたりの金額というのは、ネスカフェバリスタで使う専用のエコ&システムパックの量や種類によって違ってきます。

 

 

まずは、ネスカフェゴールドブレンドのエコ&システムパックについてです。

 

 

ネスカフェゴールドブレンドの65gのエコ&システムパックの場合、1本の購入で1杯あたり約20円、3本以上の購入で1杯あたり約18円になります。

 

 

ネスカフェゴールドブレンドには105gのエコ&システムパックもあるのですが、この場合、1本の購入で1杯あたり約19円、3本以上の購入で1杯あたり約15円になります。

 

 

次に、ネスカフェゴールドブレンド コク深めのエコ&システムパックについてです。

 

 

ネスカフェゴールドブレンド コク深めの65gのエコ&システムパックの場合、1本の購入で1杯あたり約20円、3本以上の購入で1杯あたり約18円になります。

 

 

ネスカフェゴールドブレンド コク深めには105gのエコ&システムパックもあるのですが、この場合、1本の購入で1杯あたり約19円、3本以上の購入で1杯あたり約15円になります。

 

 

他にも、ネスカフェゴールドブレンド オーガニックの55gのエコ&システムパックの場合、1本の購入で1杯あたり約31円、3本以上の購入で1杯あたり約27円に、ネスカフェゴールドブレンド カフェインレスの60gのエコ&システムパックの場合、1本の購入で1杯あたり約26円、3本以上の購入で1杯あたり約21円に、ネスカフェプレジデントの60gのエコ&システムパックの場合、1本の購入で1杯あたり約32円、3本以上の購入で1杯あたり約29円になります。

 

 

リニューアルしたネスカフェ香味焙煎 深みの55gのエコ&システムパックの場合、1本の購入で1杯あたり約27円、3本以上の購入で1杯あたり約24円に、ネスカフェ興味焙煎 丸みの55gのエコ&システムパックの場合、1本の購入で1杯あたり約27円、3本以上の購入で1杯あたり約24円になります。

 

 

つまり、ネスカフェバリスタであればコーヒー1杯あたり15円から32円ほどの金額になるということです。

 

 

これだけでもランニングコストの優秀さというのは、十分に伝わるのではないでしょうか?

 

 

スポンサーリンク
   

ランニングコストは優秀と言わざるを得ない

先でもお話ししましたように、ネスカフェバリスタを使えばコーヒーが1杯あたり15円から32円で楽しむことができます。

 

 

ランニングコストは優秀と言わざるを得ない状態です。

 

 

というのも、コーヒー1杯というのは通常であればもっとお高いものです。

 

 

最近ではコンビニのコーヒーが安くておいしいと評判になっていますが、それでも100円はします。

 

 

缶コーヒーなどであれば、小さなドリンク缶で100円を軽く超えます。

 

 

こじゃれたカフェでコーヒーを1杯頼もうものなら500円を超えることだってあるのです。

 

 

そう考えれば、コーヒー1杯あたり15円から32円でおさまるというのはかなり驚異的です。

 

 

「でも本格的なコーヒーと比べたら・・・」という方もいるかもしれません。

 

 

ただ、ネスカフェバリスタというのはあくまでもインスタントコーヒーをお得に、かつおいしく楽しむためのものです。

 

 

インスタントコーヒーを自宅で手軽においしく楽しめると考えれば、1杯あたり15円から32円というのは十分すぎるほどなのです。

 

 

ランニングコストを重視する節約志向の方でも、十分に納得の上でネスカフェバリスタを利用することができるのではないでしょうか?

 

 

>>>ネスカフェバリスタの公式ページはこちら<<<

スポンサーリンク


スポンサーリンク