個人旅行で行く北インド!1週間のオススメルートをお教えします

ナマステ~。インドと言えばカレーですか?タージマハル?ガンジス河?インドに関するイメージは人それぞれだと思いますが、地図を見るとビックリ!インドは日本の8~9倍の大きさもの国土があるのです。

 

 

インドは、北と南でまったく文化が異なります。日本でいうそれぞれの県の「方言」や「特産」といえば分かりやすいかと思いますが、インドでは方言どころか各州で「言語」が異なり、隣の州に行けばまったく別の言葉が使われていてビックリすることがあります。

 

 

またそれぞれの州で異なる名物の食べ物があり、まるで1つの国にいろいろな国が入っているかのようです。

 

 

インドを旅行する際1週間しかない人は、この広いインドのどこを回ろうか迷いますよね。インドに来るのが初めての人は、タージマハルを含む「ゴールデンルート」といわれる北インドがオススメです。

 

 

今回は、北インドを個人旅行で1週間を過ごす人のために、オススメルートと観光スポットをお教えしたいと思います。

スポンサーリンク

インドの入り口、ニューデリー

さて、成田空港から直行でインドに来るとすると、北はニューデリー、南(西)はムンバイに到着することになります。今回は北インドがメインなので、ニューデリーですね。

 

 

ニューデリー空港は日々改装していて、訪れるたびに色々なショップができています。空港に着いたらまず入国審査、その後荷物を受け取ったら換金していざ外へ!この時、換金はタクシーに使う最小限のお金にとどめておきましょう。デリーは、町中に行けば良いレートで換金してくれるところがいくつもあります。

 

 

空港から街中へ行くオススメの手段は主に2つです。1つ目はタクシー、2つ目はメトロです。タクシーは、空港内から正規にお願いすれば1200ルピーが相場で、外のタクシー乗り場で頼むと、場所にもよりますが600ルピーから乗ることができます。どちらも目的地までダイレクトで行ってくれるので便利ですね。

 

 

デリーでバックパッカーの聖地といわれるのが「パハルガンジ」。この周辺で宿泊を考えている人は、断然メトロが便利です。パハルガンジの最寄りニューデリー駅までは、メトロのエアポートラインでわずか20分、料金もたったの100ルピーです。タクシーだと渋滞して、ニューデリー駅までたどり着くのに1時間はかかります。

 

 

デリーはおおまかに北と南に別れ、観光地が集う北のオールドデリーとモダンな雰囲気が漂うサウスデリーです。インディアゲートやラールキラー、ジャマ・マスジッドといった観光名地は押さえておきたいですね。ローカルマーケットのチャンドニ・チョークは本当にローカル感たっぷりで、ザ・インドな雰囲気が漂っています。ちなみに日曜日はお休みです。

 

 

デリーの観光は2日程にして、残りは全ての旅程を終えて戻ってきた時に、フライト前など余った時間でまわるのが良いと思います。

 

 

スポンサーリンク
   

いざゴールデンルートへ

次は北インドのゴールデンルートの1つである「アグラ」へ向かいましょう。タージマハルがあるところです。車で行けば3時間程、電車であれば5時間程です。どちらの手段も、デリーのパハルガンジに行けば旅行会社がたくさんあるので、そこで手配してもらうのが便利です。

 

 

アグラでは正直そんなにたくさん見るところがあるわけではないので、夕日と朝日を見れる1泊で十分だと思います。その他アグラでのオススメ観光場所は、アグラフォートとメタブ・バーグです。

 

 

アグラフォートからは、遠くからタージマハルとヤムナ側の美しいコラボを見ることができます。昔の王様シャー・ジャハーンも当時この景色を見ていたといわれており、ついつい歴史に浸ってしまいます。

 

 

「ピングシティ」ジャイプールへ

ゴールデンルートの最後はジャイプールです。別名ピンクシティともいいます。このピンクシティの名は、街中の建物がピンク(赤レンガ)色であることに由来しています。

 

 

そしてこのアグラからジャイプルに行くまでは、ガイドブックに載っていないけれど現地ではけっこう有名な訪れスポットがいくつかあります。インドの3大祭りの1つ、ホーリーの発祥地として有名なマトゥラ、そして週末ののんびり旅行、バードウォッチングで有名なバラトプール。どちらもアグラから電車で1~2時間ほどで行くことができます。

 

 

ジャイプルの観光でオススメなのはアメールフォート(ガイドブックではアンベール城)です。また、さらに高いナハルガルフォートからはジャイプルの街を広く見渡すことができ圧巻です。断然夜がオススメです。

 

 

ピンシティの中はステンドグラスが輝く風の宮殿ハワ・マハルがランドマークです。そのまわりには所狭しとローカルショップが並んでいます。名物のラッシーも忘れてはいけません!

ジャイプルに来たら、ラジャスタン州でしか食べられない「ダルバティ」も食べてみてください。いったい何かって?注文してからのお楽しみ!笑

 

 

ラジャスタンに来ると、インドのどこでも見れる犬や牛に加え、ラクダや象などが道路を歩いているのを見ることができます。さすが砂漠の都市。

 

 

ジャイプルからデリーまでは現地でタクシーを手配するか、列車だと6時間ほどで到着することができます。

 

 

まとめ

北インドのゴールデンルートは、インドが初めての人でも気軽に回れるルートなので、列車などで現地の人との交流を楽しみながら旅してみるのも良いですね。インドではそれぞれの土地でおいしい食事やおもしろいお土産があるので、ぜひ余裕をもってのんびり回ってみることをオススメします。

スポンサーリンク


スポンサーリンク