CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)第0話を視聴した感想およびネタバレ

こんにちは、タツヤ(@xxodatatsuyaxx)です。

今回も、「知る」を提供し「人生が変わった」を提供していきます。

 

 

先日、CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)を視聴しました!

 

 

アニメの良し悪しって、第一印象でなんとなくわかるものですが、カオスチャイルドの第一印象は、神アニメになるかも!?でしたね。

 

 

どことなく20世紀少年的な雰囲気とシュタインズ・ゲート的な雰囲気が醸し出されており、そんな予感がしました。

 

 

ただ、話が進むにつれて、何が何やらわからなくなっていったのも事実だったんですね。

 

 

そこで今回は、CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)第0話を視聴した感想およびネタバレになります。

 

 

スポンサーリンク

カオスチャイルドの気になる背景とは?

 

 

カオスチャイルドは、神アニメシュタインズゲートと同じ系譜

カオスチャイルド1

 

 

まずはじめに驚きの事実なのですが、こちらのカオスチャイルドはシュタインズ・ゲートと同じ系譜のようです

 

 

どうやら科学アドベンチャーシリーズなるものがあるらしく、シュタインズ・ゲートや今回のカオスチャイルドもそのシリーズの一つなんですね。

 

 

カオスチャイルドを視聴していて、どことなくシュタインズ・ゲートの雰囲気を感じる理由がこれでわかりました。

 

 

また、シュタインズ・ゲートの雰囲気を感じた最大の理由が、音楽なんですよね。

 

 

シュタインズ・ゲートのオープニングテーマであるHacking to the Gateですが、いとうかなこさんがその歌手です。

 

 

そして、カオスチャイルドのオープニングテーマであるUncontrollableも、いとうかなこさんがその歌手をされているんですね。

 

 

そんなわけで、気になる背景ということですが、カオスチャイルドはあの神アニメシュタインズ・ゲートと同じ系譜だったんですねー。

 

 

シュタインズゲート同様、カオスチャイルドのゲーム版もあり

カオスチャイルド2

 

 

ご存知の方はご存知だと思いますが、シュタインズゲートもカオスチャイルドもゲーム発です。

つまり、元々はゲームになっていたものが、後にアニメ化されたというわけですね。

 

 

カオスチャイルドのゲームをやったことがなくても、アニメは楽しめる?

 

 

中には、ゲームをやったことがないけど、アニメからでも楽しめる?という質問がありそうですが、アニメからでも十分楽しめます!

 

 

当然、ゲームをやったことがなくても、アニメを視聴するだけでわかるように配慮されているので、そこはご心配なく。

 

 

カオスチャイルドは、前作カオスヘッドの後続版

カオスチャイルド3

 

 

後程、第0話の感想およびネタバレをしますが、正直何が何やらわからなかった方も少なくないはず

ぼくもその一人です。

 

 

そしてその理由なのですが、第0話はカオスチャイルドの前作カオスヘッド全てのエピソードをギュッと凝縮したものだからです

 

 

実はと言うほどでもないのですが、こちらのカオスヘッドも科学アドベンチャーシリーズの一つであり、先ほどの通りカオスチャイルドの前作にあたるものです。

 

 

カオスヘッドを視聴していなくても、カオスチャイルドは楽しめる?

 

 

先ほどの通り、カオスチャイルドの第0話が、カオスチャイルドの前作であるカオスヘッドの全エピソードを凝縮したものなので、楽しめます

 

 

当然、カオスヘッドを視聴していた方がよりわかりやすいわけですが、ぼくの記事を読んでいただければ、カオスヘッドを視聴しなくてもわかるようにしていきますね!

 

カオスチャイルドはグロいけど、僕/私でも視聴できる?

 

 

集団ダイブはじめ、いろいろな怪奇事件がありましたが、大分グロいです

また、1話では、ニュージェネレーションの狂気の再来と言われる怪奇事件もありましたが、グロかったですね

 

 

で、あなたが視聴できるかどうか?もしくは視聴するべきかどうか?ですが、ホラー全般が苦手であれば、無理をして視聴しなくても良いかなとは思います

グロいだけならそこだけを見ないようにすればいいのですが、ホラーが苦手であれば、ちょっとしんどいですね。

 

 

とはいえ、先ほどの通りシュタインズ・ゲートと同じ系譜のアニメということもあり、神アニメになる予感がしています。

ですので、多少の無理ができるのであれば、ぜひ視聴しても良いかと思いますよ!

 

 

スポンサーリンク
   

カオスチャイルド第0話の感想

74880f4453197ad28a75f4332f41f172_s

 

 

カオスチャイルド第0話の感想なのですが、前作のカオスヘッドを視聴していなかったので、わけがわかりませんでした

 

 

ただ、シュタインズゲートや20世紀少年の雰囲気を感じさせる構成は、さすがとしか言い様がなかったですね

 

 

いとうかなこさんの音楽もそうですし、後々回収されていくだろう「その目だれの目」といったキーワードに目が離せないというかんじでしょうか

 

 

いずれご紹介する「風夏」というアニメもそうですが、今季の神アニメになるだろう予感しかしません

 

 

カオスチャイルド第0話のネタバレ

d42d33aabc714bd1312dc3cf45de61dc_s

 

 

さあ、いよいよカオスチャイルドのネタバレに入っていきます。

とはいえ、先ほどの通り、カオスチャイルドの第0話は、前作カオスヘッドの全エピソードを凝縮したものです。

 

 

「その目、だれの目?」とは?

カオスチャイルド4

 

 

前作カオスヘッドのキーフレーズの一つである「その目、だれの目?」ですが、意味がわからなかったので、調べてみました

 

 

前作カオスヘッドの主人公西條拓巳は、どうやら作文を書いたことがあったようで、その作文のタイトルが「その目、だれの目?」ということだそうです

 

 

第0話冒頭では、2009年11月9日に「その目、だれの目」と群衆が騒いでいる様子がありましたが、こういった背景があるわけですね。

 

 

ちなみにですが、このあたりが20世紀少年っぽいなと思いました。

 

 

20世紀少年をご覧になった方はおわかりかと思いますが、主人公ケンヂとともだちのいざこざが惨劇の原因だったとわかっています。

 

 

そして、その惨劇の原因を探る手がかりとなったのが、ケンヂが子供の時に書いた絵でしたよね。

 

 

もしかしたら、カオスチャイルドもそういうところがあるのかなと、今から楽しみです。

 

 

「ニュージュネレーションの狂気」とは?

カオスチャイルド5

 

 

時は同じく2009年、後にニュージェネレーションの狂気と言われる事件の先駆けとなる「集団自殺」が描かれていました

 

 

時は変わり、主人公西條拓己が自身のコンテナでチャットをしていると、突然将軍というハンドルネームの男が現れます

 

 

「fun10×int40=Ir2」「この公式よって世界の可能性は殺されてしまった」ということを書き残すわけですが、意味がわかりません

主人公拓己もわからないようでしたね。

 

 

「fun10×int40=Ir2」なのですが、調べてみたところ、拓己が書いた落書きであり、やはり重要なキーになってくるんでしょうね

 

 

また、時は変わり、拓己は男を十字架で貼り付けにする謎の女を発見します

 

 

「会いたかった」と言っていたことからも、その謎の女と拓己はどうやら面識がある模様

 

 

一方、拓己はその女が誰かわかっていないようでした

 

 

後日、突如拓己の背後にその女が現れます

 

 

どうやら、その女と拓己は友達のようで、名前は梨深ということがわかりました

拓己は、どうしてかわからないのだけれども、梨深の名前を知っているという様子でしたね

 

 

時は変わり、電車の中で碧井セナという少女に会うことになります

 

 

「世界を疑え」などなどよくわからないことを言われた後、以前拓己を担当した医師が変死していることを知りパニックに

 

 

外に出てみると、誰もいないことがわかるのと同時に、「fun10×int40=Ir2」「この公式よって世界の可能性は殺されてしまった」と以前書き残した将軍が現れました

 

 

「目覚めるんだ、早く」と意味がわからないことを拓己に言うのと同時に、頭を抱えて痛々しそうでしたね。

 

 

場所は変わり、パソコンで調べ物をしていると、拓己の妹七海から「右手を返して」という着信がありました。

 

 

その後、七海に電話をかけると、なぜか同じ部屋から着信音。

 

 

その後、以前電車の中で会った碧井セナが、拓己が書いたであろう作文について問い詰めます

 

 

どうやら「fun10×int40=Ir2」という公式も拓己が書いたことがわかるものの、拓己自身は何が何やらわかっていない様子でした

 

 

一方、梨深は事情を知っているようで、拓己に「あなたは、本来この世界にいちゃいけない存在なの」と言いました

同時に、「わたしはあなたに目覚めて欲しくない」と言います

 

 

目覚めて欲しいと言う将軍と、何か事情を知っていて、目覚めて欲しくないと言う梨深

結局、どういうことなのかこの時点ではわかりません

 

 

時は変わり、「ぼくを殺して」と拓己が自暴自棄になっているところ、チャットで渋谷のスクランブル交差点で祭りが起こると言われ、渋谷に行くことに

 

 

渋谷では多くの人がおり、拓己が一連の事件の真犯人ではないかということでした

 

 

そんな中、またしても将軍が現れ、「目覚めて早く」と言い、また「真の敵はすぐそばにいる。ニュージェネレーションの狂気を起こしたのも彼らなんだ」とのこと

 

 

すると、辺りが光だし、1話以降の主人公となる宮代拓留が、その光景を目にするところで終わるというかんじでしたね

 

 

1話以降、このニュージェネレーションの狂気の真犯人を解明していくというかんじになるのかなと思われます

 

 

まとめ

e3239975fe55527e6f51d096282e26bb_s

 

 

今回は、CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)第0話を視聴した感想およびネタバレということでしたが、ポイントは4つ。

 

 

カオスチャイルドは、神アニメシュタインズゲートと同じ系譜である

カオスチャイルドのゲーム版もあり、ゲームをやったことがなくても、アニメを楽しめる

カオスチャイルドは、前作カオスヘッドの後続版であり、カオスヘッドを視聴したことがなくても、アニメを楽しめる

第0話は、カオスヘッドの全エピソードを凝縮したもので、「fun10×int40=Ir2」など、今回の伏線が第1話以降に回収されていく

 

 

今回の第0話は、意味がわかりませんでしたが、こうやって調べまとめてみると、だんだんわかるようになってきました。

 

 

とにもかくにも、第0話はカオスチャイルドの前作カオスヘッドのエピソードを凝縮したものである以上、わかる由もありません。

 

 

ただ、今回の「fun10×int40=Ir2」などなど、いずれ伏線が回収されていくことかと思いますので、楽しみですね。

参考になれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク