アニメ精霊の守り人のバルサはどんな人?タンダと結婚した?

バルサは30歳にして、ファンタジーの主役をはっています。ヒロインというよりは、ヒーローですね。プロフェッショナルな仕事ぶりは、見ているだけでワクワクします。

 

 

「精霊の守り人」は、姐さんかっこいい、とひたすら目を輝かせて楽しめる作品です。が、原作の続編を読み進めていくと、憧れ以外に暗い気持ちも抱くことになります。

 

 

用心棒は若いうちしかできません。その上、明日命を落とすかもしれない日々の連続です。こんな人生でいいのだろうか。もう少し幸せになれる生き方を捜して欲しい。自然と、そう願うようになります。

 

 

というわけで、今回はバルサがどんな人物だったか、そして「精霊の守り人」後にどうなったのか、まとめてみました。

スポンサーリンク

バルサってどういう人?

人種:カンバル人

性別:女性

年齢:30歳

職業:用心棒

 

 

バルサは、腕利きの女用心棒です。

とにかく強い。腕っぷしだけではありません。多くの修羅場をくぐり、そこから得た経験が、彼女を一流の用心棒にしてくれました。

 

 

例えば、皇太子チャグムの母親から、こんな依頼を受けました。

「息子を宮から逃がしてほしい。このままでは、父親である帝に暗殺されてしまうから」

 

 

突然のことなので、バルサはなんの準備もしていません。依頼主もノープランです。

どうしたらいいと思いますか? 私なら、すぐに皇子の手を取って逃げます。一分一秒でも早く、その場を立ち去りたいからです。

 

 

しかし、バルサはここで一工夫します。なんと、皇子の布団に、火を放ったのです。

そんなことをしたら、人が駆け付けてきそうですよね。

ですが、消火活動で注意をそらせるし、王子の死体を見つけるまで、時間を稼ぐことができます。運が良ければ、死んだと思ってくれるかもしれません。

その間に、チャグムをできるだけ遠くへ逃がそう。バルサは、瞬時にそこまで計画を立てたのです。

 

 

でも、おかしいですよね。

そこまで頭が回るなら、どうしてチャグム皇子を助けたのでしょう。皇族の厄介ごとに首を突っ込むなんて、馬鹿げています。バルサなら、世間知らずのお后を騙して、一人でうまいこと逃げられたのではないでしょうか。

 

 

それに、ここまで逃げなれているというのも妙です。用心棒というのは、基本的に旅商人を盗賊から守るのが仕事です。いかにベテランといっても、皇族の厄介ごとに巻き込まれて、どうすればいいか即決できるものなのでしょうか。

 

 

これらを説明するには、まず、バルサの過去を話す必要があります。

 

 

スポンサーリンク
   

バルサの過去

バルサは6歳のときに、故郷カンバル王国から逃げ出しました。

 

 

バルサの父親は、王室付きの医者でした。が、王の弟から暗殺を命じられ、王が飲む薬に毒を盛ります。父親は、この暗殺を引き受けても断っても、家族ともども殺されることが分っていました。

 

 

自分が殺されるのは仕方ない。ですが、娘は別です。助けたい一心で、友人のジグロに頭を下げます。ジグロは最強の槍使いでした。彼なら、王の手からバルサを守り切ることができるかもしれません。

 

 

バルサはジグロに連れられて、国を出ました。追手はどこまでも追いかけてきます。バルサとジグロは用心棒稼業をしながら、追手から逃げる日々を続けます。バルサの追っ手を撒く技術は、このときに身に付いたものです。

 

 

バルサは理不尽な身の上を呪うと同時に、ジグロに申し訳ないと思い続けてきました。ジグロは自分さえ助けなければ、今も国でいい生活が送れていたはずです。追手である元同僚を殺すこともなかったでしょう。

 

 

バルサが困っている人を助けるのは、ジグロに対する恩返しみたいなもののようです。苦しかった子ども時代を思い出し、つい助けてしまうというのもあると思います。

 

 

バルサが強い理由

バルサの強さは尋常ではありません。新ヨゴ皇国で最強の戦士4人と同時に戦いながら、チャグムを守り切りました。しかも、一人も殺さずにです。

 

 

バルサの戦闘技術は、恩人ジグロから教わったものです。

ジグロは、故郷カンバル王国で天才と謡われる槍使いでした。優秀な兄を押しのけて、最年少で王直属の槍使いになったほどです。バルサの父親が、娘を託したいと思った気持ちがよく分かりますね。

 

 

バルサは追手から逃げる道中、ジグロに戦い方を教えてくれるよう頼みました。守られるばかりなのが嫌になったのでしょう。

しかし、ジグロは断ります。女性は戦闘に向いていないと言っていましたが、これは建前ですね。バルサに血なまぐさい道を歩んでほしくなかったのです。

 

 

ですが、バルサに槍使いとしての才能があるのは明らかでした。なにせ、バルサはジグロの動きを見ただけで、それをそっくり真似ることができたのです。

それに、ジグロだっていつまでもバルサを守れるわけではありません。いつかは、バルサが独り立ちしなければならない日が来ます。

わけありの少女が一人で生きていくには、強くなるしかない。ジグロはそうやって自分を納得させて、バルサに戦い方を教えました。

 

 

いつまで、この生活を続けていくのか

用心棒は、いつまでもできる仕事ではありません。バルサなら、おばあちゃんになっても短槍を振り回していそうですが、第一線で活躍するのは無理ですよね。

 

 

それに、お人好しには危険すぎる仕事です。原作でも、いったい何度死にかけたことか。人助けもいいのですが、もう少し穏やかな生き方を見つけてほしいものです。

 

 

幼馴染のタンダがプロポーズをしてくれているので、私としては一刻も早く、それを受けてほしいのですが、バルサは即答しません。

どうやら、背負った過去が重すぎて、幸せになろうなんて思えないようです。アニメでは、タンダのプロポーズは宙ぶらりんのまま終わってしまいました。

 

 

原作の続編では、最終的にタンダと結ばれます。ただし、そこに行きつくまでに7年かかりました。

呆れないでくださいね。重い過去と向き合うために故郷に戻ったり、道中で人助けをしたりしている間に7年も経ってしまったのです。

 

 

お人好しな性格は治っていませんが、タンダと一緒になってからは穏やかな日々を送れているようです。帰れる家ができて、本当によかった。きっと、ジグロも喜んでくれていると思います。

スポンサーリンク


スポンサーリンク