アニメ精霊の守り人のチャグムはどんな子?帝との関係は?

普通のファンタジーなら、チャグムを主人公にするだろうな。そう思ってしまうほど、チャグムは主人公らしい少年です。実際、原作ではチャグムが主人公の続編が出版されています。人気者ですね。

 

 

その原作で、チャグムが父親に嫌われているのをご存知ですか?

アニメの帝は、血の通ったお父さんでした。が、原作の帝は違います。どこまでも冷血ですし、チャグムとはそりが合いません。

 

 

今回は、チャグムがどんな子なのか。「精霊の守り人」後にどうなったのか、まとめてみました。

スポンサーリンク

チャグムってどんな子?

人種:ヨゴ人

性別:男性

年齢:11歳

職業:皇太子

 

 

チャグムは、新ヨゴ皇国の皇太子です。

かなり根性のある少年で、父親に殺されかけ、母親と二度と会えなくなると知っても、泣きごと一つ言いませんでした。歯を食いしばって、皇子ではなくなった自分を受け入れます。

 

 

平民の生活にも、あっという間に溶け込んでしまいました。

すごいですよね。物心ついた時から「あなたは神の子です」と崇められて育ったんですよ。それが一転「今日から薪わりは君の仕事だよ」と言われるわけです。私なら、泣きたくなります。

 

 

外の世界は、チャグムを大きく成長させてくれました。

自分がただの人間だと知ることで、物事を柔軟に考えられるようになったのです。再び皇太子に戻ったチャグムは、隣国の危機を救ったり、絶対に勝てない戦争を覆してみせたり、と帝が負けを認めるほどの活躍をみせます。

 

 

国民や臣下の人気もかなり高いです。はやくチャグムが帝になればいいのに、とかなり早い段階から囁かれていました。カリスマですね。

 

 

しかし、チャグムは本心では、帝になることを望んでいません。バルサと過ごした、人情溢れる村での日々が忘れられないのです。

 

 

続編「蒼路の旅人」で海賊の捕虜になった時も、楽しそうに雑巾がけをしていました。国を救うという使命がなければ、そのまま海賊に弟子入りしていたでしょう。

チャグムは平民として生まれた方が、幸せだったのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク
   

どんな国の皇子なの?

「ヨゴは、カンバルと違ってなんでも手に入るよ」

アニメ1話で、通行人がバルサに言ったセリフです。

 

 

新ヨゴ皇国は、緑豊かで心が穏やかになる国です。

建国してから250年間、一度も戦争をしたことがありません。もともと、争いごとが苦手なトルガル帝が、自国から逃げ出して作った国ですからね。戦争とは無縁の国になるよう努力してきたのでしょう。

 

 

そういう平和主義が影響しているのか。皇族が異常に潔癖症です。

ばい菌が怖いわけではないですよ。清らかな魂であり続けることに執着し、穢れるのを何よりも恐れています。水の精霊の卵が宿ったチャグムを、帝が過剰に怖がったのは、これが原因です。

 

 

国民へのイメージ戦略も徹底しています。皇族は神の子。神通力が使える。皇族と目を合わせると、目が潰れる。などと触れ回り、いつも布で顔を隠しています。

国民もその神話を本気で信じていて、帝が少しよろけただけで不吉だと青ざめるほどです。

 

 

これだけ皇家の権力が強いということは、ガチガチの身分社会なのかなと思いきや、意外と平民は自由に生きられます。

 

 

例えば、チャグムの右腕であるシュガは、漁師の産まれです。才能を見込まれて学者になり、出世に次ぐ出世で、チャグムの教育係になります。出自のことで差別されることは、ほとんどありません。

 

 

それから、何でも屋トーヤもそうです。物乞いのようなことから初めて、最終的には大金を手にし、店を構えることができました。

努力すれば夢が叶う、いい国なんですね。

 

 

原作のチャグムは、アニメほど家族愛に恵まれていない

原作の帝は、息子であるチャグムのことを愛していません。

 

 

アニメの帝は、いい人でした。国のためにチャグムの暗殺を命じてはいるものの、陰ではこっそり泣いています。死んだはずのチャグムが生きていた時も、喜んでくれました。

チャグムのことを愛しているけど、国のことを一番に考える立派な帝。そういう好感が持てるキャラクターでした。

 

 

しかし、原作の帝はもっと嫌なやつです。チャグムの暗殺を命じた時も、涙一つ流しませんでした。息子だと思っているかも、疑問ですね。

チャグムの兄も同じようなものです。弟に笑いかけたことは一度もありません。

 

 

チャグムも、父や兄のことは他人のように感じているようです。兄が病死したと知っても、一度も笑いかけてくれなかったなと思う程度です。父親ともギスギスした関係が続いています。

 

 

なんだか悲しいですね。チャグムが町での生活を恋しく思う気持ちが分かります。

 

 

チャグムと父親は和解しないのか

和解はしません。あの帝と分かり合うのは無理ですね。チャグムとの相性が悪すぎます。

 

 

帝は自分が神の子だ、と本気で信じています。穢れないことに人生のすべてを捧げてきたし、みんなの心が自分に集まっていないと気が済みません。

 

 

しかし、チャグムは違います。現実主義者というのでしょうか。考え方が平民寄りなんですよね。自分がただの人間だと分かっているし、格式張った儀式にもウンザリしています。

父親から、美しい刀を贈られた時も「これは、実戦で使えませんね」と言って、不興を買ってしまったほどです。

 

 

結局、帝はもう一度、チャグムを暗殺する道を選びます。帝に言わせれば、チャグムは穢れてしまったのでしょう。帝とチャグムの派閥争いが激化して、国が二分するのを防ぐ狙いもあったと思います。

 

 

しかし、チャグムはやり返しませんでした。帝のことは好きではありませんが、殺すほど非常にもなれなかったのです。

 

 

一度は諦めて、死を覚悟しました。ですが、国の危機に気づき、死に切れませんでした。身を挺して国を守ろうと奔走した結果、国の英雄になります。生き方を変えられない帝は自滅し、チャグムは17歳で帝になることが決まりました。

 

 

なんだか素直に喜べない結末ですね。でも、チャグムなら国をいい方向へ引っ張っていってくれる気がします。

スポンサーリンク


スポンサーリンク