怖がる事はありません!うつ病で無職という焦りについてどう付き合えばいいのか

スポンサーリンク

うつ病の方で精神科に通院していて、担当医から「念の為……」と言われたり、無気力な状態と倦怠感から無職という方もいると思います。

 

 

その中でも、周りを見ていて健常者の友人だけでなく、うつ病でも働いている人もいる時、「自分はこのままでいいのかな……。」と焦りに襲われる人もいると思います。

 

 

なので、今回はそんな焦りと上手く付き合っていくちょっとしたコツをお教えしたいと思います。

「うつ病だから」というのがまかり通らないと感じた時

よく世の中では「うつ病を理由に働かないのは甘えだ」と言う人もいるのは事実です。

ですが、医師やカウンセラーだけでなく、私達のようにうつ病を抱えた人からみて、うつ病を理由に働けないというのは甘えだとは言いません。

 

 

担当医に「念の為」と言われた場合、それはあまり状態が良くない事を意味しています。

いつまた症状が酷くなるか分からないからこそ、念の為調子を見ようと言っているだけであって別に責めている訳ではないのです。

 

 

でも焦りはもちろんあると思います。

私自身も数年前まで症状が酷く、入退院をしていた頃は働ける状態でもなかったですし、まずその「働く」という気力より「〇にたい」という気持ちの方が強かったです。

 

 

正直、〇にたいと考えてしまう気持ちの方が強い人間にどう働けというのか私は問いを投げたくて仕方ありません。

そんな余裕のない人に「無理をしないでね」という言葉すらないのかとも思います。

 

 

なので、まず焦る前に自分の状態を考えてみてください

うつ病を「甘え」だと言っている健常者でも余裕がないという事はありますよね?

それを考えたら誰しも余裕がない時は休息が必要だという事。これで少し考え方も変わると思います。

 

 

スポンサーリンク
   

他の人が羨ましくて仕方ないと思ってどうしても焦ってしまう時は

中には周りから「甘え」と言われるのを受け止め、逆に働いている友人などを見て「羨ましい」と思う人もいると思います。

 

 

私も担当医から「無理のない程度に」と言われてはいますが、無理のないようにという言葉で自分の今の精神状態と話し合って仕事をしている時、やはりふと他の人が羨ましくて堪らない時があります。

 

 

「自分はどうしてここまでしか出来ないんだ!私だってもう少しちゃんと働いてお金を稼ぎたい!」と思いますが、現実的に話してしまうと、そう思っても無理なのです。

 

 

何故なら、自分がこうしたいと今焦っても結局は葛藤と不安と焦りに苛まれるだけで、余計に苦しくなるからです。

逆にそのせいで気を病んだりしたら、治りかけだったり、前向きに治療を考えていても治療の意味はありませんよね。

 

 

ですから、そう焦った時はまず「今自分が出来る事をこなせばいいんだ」と自分に言い聞かせる事が重要です

今自分に出来る事をするだけでも、十分大変ですし、立派な事だと私は思います。

「何もしないよりは……」と少し自分の精神と話し合いをしてみましょう。

 

 

親や周りからの圧力で更に不安になる……。そんな時に考えておいて欲しい事。

特にうつ病を患っている人で無職という事に焦る人の8割は親や周りの人からの圧力、世間体というのが多いのが現状です。

 

 

「こんな歳にもなってまだ無職なの?」だとか冷たい視線を寄越された人も多いと思います。私も今現在働いていますが、それでも時々周りの視線を痛く感じる事があります。

 

 

そんな時は自分で「今はこう辛いんだ!」と弁明しても中々伝わらない気持ちと現状もよく分かります。私もそれで何年も悩んできました。そんな時は他の理解者に間に入ってもらう事をおすすめします

 

 

1度担当医やカウンセラーと親などを交え3人で話し合うのが非常に理想的な形です。

担当医も、患者の状態をみているのですから今の状態を話す事はできますし、こちらから頼みこんだ時に話すのは担当医の義務なんです。

 

 

もしそれが無理だ、と言う方がいたら是非ともこういった同じくうつ病を抱えている人の記事を見せてみるというのもある種の手だと思います。

 

 

私も先程述べたとおり、働いていても焦りを感じているのですから、働いていない人の焦燥感はそれ以上だという事を理解して貰うこと、そして見せた上で、「自分も焦っている。でも自分はこうしたいんだ。だからこうやって努力しているんだ。」と伝えてみましょう。

 

 

それでも納得してもらえないようであれば、市役所の精神福祉センターなどや、こころの相談を利用する事も重要な事です。

 

 

うつ病だから無職という事に焦りを感じたり、怖がる事はありません。

「そう言われても……」と思う人もいるかもしれませんが、普通に働いている人でも仕事やプライベートで焦りを感じるのですから、別に恥じる事もないのです。

 

 

ですから、今自分に出来る事をやる事がこの先の第一歩であって、焦っても石につまづくだけですから、ゆっくりと自分のペースで歩んでいきましょう!

スポンサーリンク