東京銀座で楽しめる、無料スポット3選をお教えします!

銀座といえば、高級なブランドショップが立ち並びお高いイメージと思っている方もいるかもしれませんが、実は銀座には、思う存分ショッピングを楽しめるリーズナブルなお店もたくさんあります。最近では大きなショッピングモールなどもオープンし、学生や家族連れでもオシャレなカフェやランチを楽しみに来たりする人も多いですよね。

 

 

さらに銀座には、子供や学生、大人まで「無料」で楽しめるスポットだってたくさんあるのです。今回は、そのうちのオススメ3選をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1.METoA Ginza

METoA Ginzaは銀座の東急プラザ内にあり、「見て」「ふれて」「体験して」をテーマとした三菱電機の最新技術などが楽しめる無料スポットです。メインテーマは一定期間ごとに変わるので、いつ行っても楽しめます。

 

 

直近で開催されたテーマには、「風と遊べるテクノロジー空間」や「家電リサイクルが創る、出会いと驚きの空間」など、子供から大人まで楽しめるイベントの数々が開催されています。身近なことをテーマにしてテクノロジーを使ったこの体験型のイベントでは、様々な驚きや発見ができます。

 

 

友達や家族とはもちろんのこと、一人で行ってもスタッフの方が丁寧に説明をしてくれますし、じっくりと楽しむことができます。

 

 

また1階には「Me’s CAFE & KITCHEN at METoA Ginza」があり、展示の前後でのんびりとコーヒーを飲んだり食事をしたりできます。カフェに併設されたギャラリーでは、イベントに関連した展示を行ったり、オリジナルグッズを販売したりしています。

 

 

また、イベントに合わせた期間限定のスイーツメニューなどが出たりします。夜遅くまで営業しているので銀座でのショッピングついでに寄ってみるのも良いですね。

 

 

スポンサーリンク
   

2.ファンケル 銀座スクエア

銀座スクエアに位置するファンケルは、女性の美容をテーマにした体験型ショップです。この銀座スクエア店は都内にいくつかある店舗の中でも規模が大きく、レストランを含め地下から9階まで様々な美容サービスを提供しています。

 

 

施設では、無料で肌チェックをできたりアドバイスを受けられます。また有料であれば、肌の悩み別にスキンケアアドバイスやメイクレッスンなどを受けられます。事前に予約をすれば、施設内の案内もしてくれます。

 

 

シーズンごとにイベントを行ったり、購入金額によってプレゼントをくれたりもするので、行くたびに楽しいです。

 

 

肌だけでなく、全体的な健康のチェックや血管のチェックなどもできるので、男性でも利用することができます。

 

 

レストランおよびカフェでは、健康をコンセプトにしたメニューを取り揃えており、ビタミンやコラーゲンたっぷりの美容に良いドリンクなども用意しています。

 

 

また施設内にはガーデンも備わっており、ローズやアジサイなど季節ごとに咲く花に合わせイベントを行っているので、どの季節に行っても楽しめそうですね。季節に合わせたキャンペーンやグッズなどがあるのも嬉しいです。

 

 

3.博品館

博品館は新橋駅からも銀座駅からも近く、銀座駅を利用する場合は、A2出口を出ると徒歩5分で行けます

 

 

店内の階段は螺旋式になっており、エレベーターも今では古いタイプの油ポンプ式で動くもので、歴史を感じます。

 

 

1階~4階までおもちゃや人形などがびっしりと並んだ店内は、子供はもちろん、大人でも楽しめます。子供に人気なアニメグッズやラジコン、人形、大人がなつかしいと感じるおもちゃやハマりそうなパズルやプラモ系まで色々あります。

 

 

子供の好きそうなミニカーやおもちゃなどは、展示してあったり実際に遊べるものも多いので、暇つぶしにもピッタリです。

 

 

おもちゃに限らず、輸入品やステーショナリー、雑貨類まで幅広く取り揃えられているので、子供からお年寄りまで長居して楽しめます。

 

 

また最近では、実物とそっくりなミニ3Dフィギュアを作ることも可能です。お値段はしますが、あまりのそっくりさにビックリして自分も一つ欲しくなってしまいまいそうです。

 

 

時期によって外のショーケースの展示が変わったり限定品が販売されたりするので、どの時期に訪れてもワクワクします。

 

 

まとめ

さて、無料で楽しめる銀座のスポット3か所をご紹介いたしましたが、いかがでしたか。銀座には、子供から大人まで老若男女楽しめる施設がこのほかにもたくさんあります。銀座エリアは週末には歩行者天国になるため、あちらこちらのんびりと無料施設をはしごするのも楽しそうですね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク